TROPFEST(トロップフェスト)とは?

オーストラリア・シドニーにて毎年行われている、世界最大のショート・フィルム・フェスティバルです。広々とした公園を使ったメイン会場のほか、国内各都市にある特設会場への同時中継や、地上波SBSチャンネルの放映を通して、15万人もの人々が一夜の祭典を楽しみます。観客は無料で参加することができ、飲食をしながら映画や音楽をピクニック気分で観覧し、一日中のんびり過ごすスタイルが定着しています。

 

1993年から続くTROPFESTは、映画監督であり俳優のJohn Polson(ジョン・ポルソン)氏が、シドニーにあるカフェ(Tropicana Cafe)で友達と楽しむ目的で始めたのがきっかけとなり、今ではニューヨーク、アブダビ、東南アジア、ニュージーランドなどでも開催され、さらに拡大しています。

 当日上映されるファイナリストの16作品は、国内外から集まった700以上のエントリーから選ばれます。応募条件は、①7分間以内の作品、②以前に一般向け公開をしていない作品(その年のTROPFESTのために製作された作品)、③TSI*を作品の中にどんな形でもいいので加える。という3つを満たしていれば、誰でも応募できます。

※TSI(Tropfest Signature Item)とは毎年作品に与えられるテーマのようなもの。

 

  優勝作品は、映画業界の著名人達の投票により、フェスティバル当日の会場で選ばれます。過去の選考員には、ニコール・キッドマン、ケイト・ブランシェット、ナオミ・ワッツ、ラッセル・クロウ、ジョン・ウー、サミュエル・L・ジャクソン、キアヌ・リーヴス など、豪華な人々が名を連ねています。そして、2013年の優勝賞品は、賞金10,000ドル、ロサンゼルス旅行(映画業界の重要人物との会合付き)、車やカメラといった豪華な品々で、それと同時に、後の映画・テレビ業界における成功の鍵を手に入れることができます。現在、出身者の多くが優れた製作者として活躍しています。

 

 また、TROPFESTでは次世代の映画製作の担い手を輩出すべく、15歳以下の子供達を対象にした「TROP JR」を開催しています。応募条件は同じですが、TSIは大人とは別のものが提示され、毎年、良質な作品が誕生しています。